結 ~人生のハンドルを握ろう~

人生をより良くするための学び・出逢い・気付き・行動・想いを綴っていきます!

これが知りたかった!【自己表現力】アサーティブコミュニケーションで人間関係を円滑に

 

f:id:routefree001:20181120215146j:plain

 

こんにちは。

人生改造計画真っ最中の こっこ です。

 

 人は必ず誰かと関わって生きていますよね。

 

人間関係でこのようなことを感じたことはありませんか。

 

「断ると場を悪くしてしまうから引き受けてしまう」

「仕事が忙しいのに上司がさらに業務を依頼してきてイライラする」

「妻なので家の仕事は全てやらなければならない」

「つい怒鳴りつけて相手を抑制してしまう」

「友達とのランチは愚痴大会になっている」

「かげ口をよく言う」

 

特に、時代背景や社会的マイノリティーによって女性に多いのが、相手に合わせて我慢をして、気持ちや考えを表現しないということです。

そして、我慢の限界がきたときには感情のバクハツが起きて、怒りとなり攻撃的になったりします。

 

私もそうでした。

誰に何を言われたわけでもないのに、女だからやるのは当たり前とか、

母親なんだからこうしなきゃいけないとか、

お茶くみは女性社員の仕事とか、

盆正月は旦那の実家へ行くのが暗黙のルールとか、

いろいろありますよね。

集団(組織)では上下関係がものをいうという環境も多く、私は職場でも家庭でも「しょうがない」と受け身でいることがほとんどでした。

 

そんな時に出会ったのが『アサーティブコミュニケーション』という自己表現のやり方です。

 

アサーティブとは

 

相手を尊重しながら、適切な自己表現をすることです。

他人の権利を侵さず、自分の正当な権利を行使し、自分自身を好きになって自己評価を高めて人間関係を円滑にするというものです。

 

 

 私が感じていた「しょうがない」と蓋をしていたことは、トレーニングすることで変わるのかも!

 

そして、せんだい男女共同参画財団主催セミナーの『アサーティブ・コミュニケーション講座』に参加してきました。

 

相手の顔色ばかりをうかがったり、
その場の雰囲気を壊すのを心配したりして、
自分の気持ちや考えを伝えることをあきらめてしまっていませんか?
この講座では、自分の気持ちを大事にして、率直に相手に伝えることを、
セミナーとロールプレイで学びます。

 

講師は、『ウィメンズカウンセリングいずみ』の叶内妙子(かなうちたえこ)先生です。



f:id:routefree001:20181121062424j:image


f:id:routefree001:20181121062522j:image


f:id:routefree001:20181121062607j:image



1日目は座学、2日目はロールプレイで日常での「伝えられない」という場面をとりあげて、アサーティブの実践をしていきます。
1人1時間という長い持ち時間でのロープレでして、「そんなに時間かかるものなのかな?1人15分ずつで全員やったらいいのにー」なんて思ってましたが、とんでもない。

ロープレを繰り返し行い、声に出して言うことによって行動を身に付けることが出来るようになるそうです。

このロープレ、かなり疲れました。
怖かったし、感情が揺さぶられて私ももらい泣きしたり。
それでも、ロープレ後のみんなの表情がパッと明るくなり、心のモヤモヤが軽減されていたあの開放感は素晴らしかったです。
みんなで頑張ったよねと褒め励まし合い、参加者みんなで壁を乗り越えた感覚がありました。

ひとりでは辛いことも、仲間と一緒だと心強いし学びも深まりますね。

 


アサーティブ・コミュニケーション(初級編)メモ


①「上手に」よりも、率直に正直に。
②「私」を主語にする、「あなたが」は攻撃的になる。(アイメッセージ)
③自分の気持ちは伝えて良い。感情を伝えることと、感情的は違う。
④どこまで言うかは自分で決める、今の自分の目標を持つ。
⑤自分の思い通りの反応や結果を得たかどうかで評価をしない。相手は、自分の思い通りの反応をしない場合もある、相手の感情に責任は負えない、追わなくて良い。


『アサーティブの基本的な権利』というのがあるのですが、その中でも私が印象的だったのがあります。

 

・私には、自分の考えを変える権利がある

 

・私には、人から認められることをあてにしないで、人と接する権利がある

 

(引用元『第四の生き方』より)


もし、それらの権利を取られそうになったら

NO! イヤと言う!
GO! 逃げる!
Tel 相談する。信頼出来る人の力を借りる!

自分に不利益な時は言わなくてもいいし、傷ついてまで言わなくても良い!
逃げるは恥じゃないんだと知っただけでも気が楽です。

 

コミュニケーションが上手かどうかは、性格で決まるわけではないことがわかりました。

実は私、ストレングスファインダーという才能診断では、『社交性』や『コミュニケーション』といった資質は下位にあるのです。 

 

www.happiness100by.net

 

 今回お世話になりました講師の『ウィメンズカウンセリングいずみ』の叶内妙子(かなうちたえこ)先生は、女性の抱える『心理的問題』に積極的に取り組んでおり、生きにくさを感じている女性たちに対して、自分らしく生きられるよう支援をされております。

一番乗りに会場入りし、叶内先生と目が合ったとき、叶内先生の笑顔がとても穏やかでホッとした安心感がありました。

心理的安全性の保たれた場は、ありのままの自分でいられるので安心できますね。

伝え方のスキルのみならず、心のあり方という奥深いものを学ぶことができました。

とてもステキな出逢いと学びをありがとうございました。

ウイメンズカウンセリング いずみ

 

 

では、また。

 

こっこ でした。