結 ~人生のハンドルを握ろう~

人生をより良くするための学び・出逢い・気付き・行動・想いを綴っていきます!

肉体の断捨離シリーズ②歯のクリーニング『PMTC』♡40代女の体の磨き方

f:id:routefree001:20181216141805j:plain

 

こんにちは。

人生改造計画真っ最中の こっこ です。

 

「芸能人は歯が命」

なんてCMが流行ったのは何年前のことでしょうか?

分かる方は、私と同世代ですね。

 

ニコッと笑ったときに見える白い歯。
であるべきものが、着色で黄色っぽくなっていたりしたらとても残念ですよね。
 
毎日きちんと歯磨きをしていても、取りきれない汚れ(ステイン・歯石)が付着してしまうのです。
それらは虫歯や歯周病の原因にもなるし、口臭のもとにもなります。
 
お肌はキレイなのに、歯が黄ばんでいたり、お美しい方のお口から口臭がしたりなんて、かなりイタイですよね。
 
自分ではなかなか取り除くことが難しいので、歯医者さんでクリーニングしてもらいましょう。
 
私が歯のクリーニングに通い始めたのは、今から20年前の22歳の時でした。
前歯の歯並びが悪くて歯石がつきやすかったので、歯石取りをお願いしに歯医者へ行ったのが始まりでした。
 
 

PMTCとは

 
『プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング』の略です。
毎日の歯磨きでは取り切れない汚れを、専門の機械を使って除去することです。
 
 

PMTCの流れ

 
問診のあとは、こんな流れでした。
 
① まずはじめに、歯と歯茎の状態をみてもらいました。
汚れが残っている部分を確認したり、歯周ポケットの深さを確認したりします。
 
② そして、パウダーを塗布し、高圧洗浄のように歯と歯間の汚れを吹き飛ばします。
 
③ その後に、歯石を機械で取り除きました。 
歯の状態に合わせて、研磨剤やカップ、ブラシ、フロス(糸ようじ)などの機材を使って、歯の表面の汚れを落とします。
 
④ 汚れと研磨剤を洗い流し、虫歯を予防するために歯の表面にフッ素を塗布します。
 
⑤ 歯にツヤを出すためのトリートメント剤を塗布してもらい、歯はツルツルピカピカになりました。
 
 

歯の着色と食生活

 
歯の汚れは、食生活にもよるので個人差があります。
私の大好きな紅茶は、コーヒー以上に歯に色がつきやすいのですよ。
カモミールなどの色の薄いハーブティーなどがいいかもしれませんね。
色の濃い調味料や赤ワイン、カレーなども着色しやすいのです。
食器を洗わずに放置していて色が着いてしまってなかなか取れないという食べ物は、歯も同様に着色しやすいのです。
 

歯の着色を防ぐために

 
① 食事中は水を飲みながら食べる。
 
② 食後は歯磨きをする。
 
③ 歯磨きが出来ない場合は、せめて水で口をゆすいで着色成分を流す。
 
 

ホームケア

 
歯ブラシで歯の表面の汚れを取るには、電動歯ブラシがお勧めです。
私は自宅ではフィリップスのソニッケアーを、外出先ではパナソニックのポケットドルツを愛用しています。
 

 

 

歯の表面の汚れは落とせても、歯間の汚れはなかなか取れません。

歯間ブラシとデンタルフロスを併用しています。

 

デンタルプロ 歯間ブラシ<L字型> サイズ0(SSSS) 10本

デンタルプロ 歯間ブラシ<L字型> サイズ0(SSSS) 10本

 
クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本入×3個

クリニカアドバンテージ デンタルフロス Y字タイプ 18本入×3個

 

 

 

食生活や歯の形状でクリーニングの頻度も個人差があります。
歯医者さんによっても使っている機械や薬剤が違うと思います。
 
次のPMTCは半年後にとのことでした。
定期的にクリーニングをして、見た目も美しく、健康な歯でいたいですね。
 
 
 
余談ですが、、、
というか、余談ではないかもしれませんが。
 
異性で魅力を感じるのはどのようなところですか?
 
私の場合は、歯が重要ポイントです。
どんなに人間性が素晴らしい方でも、歯が汚いと愛も消えてしまいます。
 
クリスマスまであと少しですね。
今からでも遅くありません。
イルミネーションのような光り輝く白い歯で、聖なる夜をお迎えくださいね。
 
では、また。
こっこでした。 
 

f:id:routefree001:20181216193247j:plain